So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2014年11月 |2014年12月 ブログトップ

ゼロエミッション再生可能エネルギーの問題メリットとデメリット

目次

ゼロエミッション再生可能エネルギーの問題メリットとデメリット
関連記事

再生可能エネルギーを極力利用してゼロ・エミッション。

ゼロ・エミッションというのは、人間の経済活動における自然界への排出をゼロにする
仕組みを構築して、自然界をこれ以上破壊しないという強い意志をもって行動することが
基本的な考えのものであります。

再生可能エネルギーを効率よくいかに利用するか、またある産業にとっては廃棄物でも
別の産業において有効利用して社会全体で資源の循環をさせることです。

ここに目を付けたのが再生可能エネルギーです、一見つながりは見えなくて、
何度も利用することができるという点でつながっています。



再生可能エネルギーとはその名のとおりです。

もう一度使える、何度も使えるエネルギーのことです。

過度に利用しなければ使う速さよりも資源が再生する速度
のほうが早いため、持続的に活用できます。

この再生可能エネルギーが注目を浴びているのは、CO2の排出量が
少なく地球の大気環境にやさしいことです。

天然の温泉につかるのも温泉卵を作るのも昼間の太陽の光を部屋に
取り入れるのも立派な再生可能エネルギーです。

再生可能エネルギーの種類を紹介します。

太陽光発電、太陽熱発電、風力発電、地熱発電、水力発電、潮力発電、バイオマス発電があります。



再生可能エネルギーの最大のメリットは、CO2を排出しないことで環境に優しいことです。

一方デメリットは電力生産が安定的でないこと、作れる電力が少ない2点があげられます。

これからの課題は、いかに安定的に電力を供給することができるかです。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

環境と日本のエネルギー問題の現状

目次

環境と日本のエネルギー問題の現状
関連記事

海外の政治情勢によって国内に大きな影響を受けやすいのが現状の問題点である。

なぜなら、日本は島国であることが大きく影響している。

島国日本が抱える問題は、エネルギー源の中心を担う化石燃料に乏しいことである。

そのため、エネルギー源のほとんどを輸入に頼るという根本的な脆弱性を抱えていのである。

輸入されているエネルギー源は限りのある化石燃料です。

経済の発達は少なからず地球の環境に影響を与えます。

人とモノが動かなければ経済は成り立たず、動かすにはエネルギーが必要となってくる。

これからの日本が乗り越えていかなければならないものは大きい。

もっとも重要なのは持続可能な環境と経済を目指す「グリーン経済」を実現していくことです。


経済産業省の資源エネルギー庁が出しているエネルギー白書を見ると
日本がどんな状況なのかを把握できます。

エネルギー白書によると2012年の段階でエネルギー自給率は6%。

どんな資源を使ってエネルギーを使用しているか、ここでは主に電気を何エネルギーで
生産しているかの自給率が出ています。

内訳は水力 1.5%、天然ガス 0.7%、原子力 0.6%、原油 0.1%、
再生可能エネルギー等 3.1%となっています。

日本の発電の主力は火力発電です。

火力発電のほとんどが海外の輸入された原料から成り立っているため
自給率が限りなく低くなっている現状です。

火力発電は化石燃料を燃やして電力を発電しています。

燃やすといううことなので大気汚染の恐れがあります。

日本で必要な電力はかなりな量がります。火力発電はもっとも、
安定していてかつ制御がしやすく、日本という先進国に
必要な電力を補うにはもってこいなのである。

水力発電や風力発電なの発電方法はほかにも存在するが、
太陽光や風力発電を利用すると天候に左右されやすく
安定的に提供することが難しくなるのだ。

水力発電では利用できる水の量は限られている。

火力発電に代わる新しい発電方法として確立されたのが原子力発電なんですが、
これは制御が難しい不安定なものである。

グリーン経済を確立するためには、火力に代わる新しい安全な発電方法の確立が必要不可欠であるのだ。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

2014年の日本エネルギー問題現状はいかに

目次

2014年の日本エネルギー問題現状はいかに
関連記事

日本は島国である。

島国日本が抱える問題は、エネルギー源の中心を担う化石燃料に乏しいことである。

そのため、エネルギー源のほとんどを輸入に頼るという
根本的な脆弱性を抱えていのである。

海外の政治情勢によって国内に大きな影響を受けやすいのが現状の問題点である。


少し古いデータでありますが、経済産業省の資源エネルギー庁が出している
エネルギー白書を見ると日本がどんな状況なのかを把握できます。

このエネルギー白書によると2012年の段階でエネルギー自給率は6%。

内訳は水力 1.5%、天然ガス 0.7%、原子力 0.6%、原油 0.1%、
再生可能エネルギー等 3.1%となっている。

発電に使用するエネルギー源を化石燃料に頼り切っている日本の電力構造は
オイルショックの時代から変わってはいません。

原子力発電所が停止した結果、一次エネルギー供給における原子力の割合が、
震災直前(2010年度)の 11.3%から 2012 年度には 0.7%に低下していることにより、
化石燃料の依存度は、震災直前の 81.8%から 2012 年度には 92.2%となりました。

海外から輸入した化石燃料への依存度は、第一次石油ショック時(1973 年度)の
89.7%を上回る水準となっています。



エネルギーの安定的な確保が、最も重要な課題になっています。

情報化の進む現代に電気製品と電気は欠かせないものとなっているし、
経済を動かしていくのに車は欠かせないです。物と人が移動しないと経済は動きません。

エネルギーを安定的に確保しなくては日本の経済活動は止まってしまうかもしれない。

この現状に対応するために、日本の企業は少しでも電力の消費を
抑えることのできる家電製品の開発をしたり、エコロジーなものを数多く作り出す
という小さな努力から始めている。

そんなところで、国の対策はいったいどうなっているのか。

現状の輸入に頼り切っているというこの現状に対応するために、
計画性のある長期的なエネルギー政策を実行のために2002年に
「エネルギー政策基本法」を制定している。

この基本法では、政府が中心となってエネルギーの供給に関する政策を
円滑に進めるために、3年に一度は必要に応じて変更しています。

再生可能エネルギーを極力利用してゼロ・エミッションの比率を上げていく方針であるそうな。

ゼロ・エミッションというのは、人間の経済活動における自然界への排出をゼロにする
仕組みを構築して、自然界をこれ以上破壊しないという強い意志をもって行動することが
基本的な考えのものであります。

再生可能エネルギーを効率よくいかに利用するか、またある産業にとっては
廃棄物でも別の産業において有効利用して社会全体で資源の循環をさせることです。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次


- |2014年11月 |2014年12月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。